歩行者優先の信号機!?運用始まる。

名古屋市内の小学校前の交差点で、歩行者の信号が優先的に青になる信号機の運用が始まりました。 この付近は国道1号線の抜け道になっており、スピードを出した車が通るので、通学の子供達が危険だという住民の指摘を受けて警察が対策に乗り出しました。 この交差点の仕組みは、車が通らないときは常に歩行者の信号が青で、車の信号が赤。 車が近づくとセンサーが感知して、12秒後に歩行者の信号が赤に変わり、その...

準中型自動車免の導入について

皆さんに最近の法令改正の動向をお伝えしたいと思います。 8年前に大型免許と普通免許の間に中型免許という新しい免許ができたのをご存知でしょうか? 20歳以上で普通または大特を運転していた経験が2年以上必要な免許となっています。 この20歳以上&運転経験2年という縛りにより、高卒などの新しいドライバー不足とドライバーの高齢化という問題が出てきて、トラック協会も頭を悩ませていました。 そこで中型...

質問票って何?

免許を取ろうとする場合や免許の更新にいくと必ず質問票という過去及び現在の病状についての確認が行われます。 いくつかの質問のうちに「はい」にチェックがはいると、その病状についての色々な質問を受けたり、診断書の提出が必要であったり、免許の取得や更新ができないケースがあります。教習所においても免許を取ろうとする方全員に対し同様の質問を行っています。 これは、これから免許を取ろうとする方が不利益に...

75歳以上の逆走や信号無視、認知機能検査を義務化 警察庁案

75才以上の高齢運転者については、現在運転免許更新の際、高齢者講習と認知機能検査の受講が必要となっています。 現在、高齢運転者の事故率が高く、一時不停止や信号無視、一方通行や高速道路での逆走と社会的にも問題となっています。 こういった現状を踏まえて、一旦更新が終わっても次の更新までに認知機能が低下している恐れがあると判断された方に対し、臨時に高齢者講習を行うこととされまた、認知症の恐れがあ...

アイオワ州ではスマホアプリが運転免許証に!?

アイオワ州は、米国で初めてスマホアプリを正式な運転免許証代わりに利用できるようにすると開発を目指しているらしいですね。 スマートフォンにアプリケーションをダウンロードして使うようですが、「プライバシーとセキュリティに関する懸念がある」とアプリのリリース時期は未定だそう。プライバシーでは免許証の提示を求められたときに、警察官がドライバーのスマートフォンをどのようにして確認するか?で、警察官の手にス...