道路交通法の一部改正について

一昨年より法制化に向け議論されてきた準中型自動車免許について、平成29年3月12日施行されました。
【準中型自動車免許】
車両総重量 3.5t以上7.5t未満
最大積載量 2t以上4.5t未満
乗車定員  10人以下

平成29年3月10日までに普通免許を取得していた方は、法施行日を境に「普通免許」が「準中型免許5t限定」と自動的に名称の変更がなされます。
運転免許証に「普通」と表記されている免許については「準中型」に読み替え、かつ免許条件欄に「準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る」という非常に長い免許条件が付いていることになります。
【準中型5t限定免許】
 車両総重量 5t未満
 最大積載量 3t未満
 乗車定員 10人以下

ちなみに平成29年3月12日以降に取得した「普通免許」はそれまでとは条件が異なります。
【普通免許】
 車両総重量 3.5t未満
 最大積載量 2t未満
 乗車定員 10人以下

施行日の前後に取得した免許については乗ることのできる車両に大きな違いがあることにお気づきでしょうか?
トラックを使う企業では面接の際に確認することをお勧めします。
中々複雑なこの免許制度の改変、認知度が上がるのは当分先のことになりそうです。