「自動運転」機能の現状

本年5月、米国において、テスラモーターズ社製の自動車が、「オートパイロット」機能を使用しての走行中に側方から進入したトレーラーに突入し、運転者が死亡する事故が発生しました。この事故の詳細については、現在米国当局が調査中です。
テスラ社製の「オートパイロット」機能を含め、現在実用化されている「自動運転」機能は、運転者が責任を持って安全運転を行なうことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が責任を持って安全運転を行なう、完全な自動運転ではありません。

このため、運転者は、その機能の限界や注意点を正しく理解し、機能を過信せず、責任を持って安全運転を行なう必要があります。
国土交通省・警察庁では、今回の事故を踏まえ、ユーザーへの注意喚起を改めて徹底することとし、国土交通省では、日本自動車工業会及び日本自動車輸入組合に対し、自動車の販売時に、自動車ユーザーに対して上記の点を十分に説明するように周知しました。

なお、テスラ社製の自動車に搭載された「オートパイロット」機能は、通常の車と同様、運転者が前方・周囲を監視しながら安全運転を行なうことを前提に、車線維持支援、車線変更支援、自動ブレーキ等を行なう機能に過ぎません。また、天候や優位の交通の状況等によっては、これら機能が適切に作動しなくなることや、作動を突然停止することがあります。
従って、運転者が「オートパイロット」機能を使用中に注意を怠ることは、極めて危険です。また、万が一事故が発生した場合には、原則として運転者がその責任を負うこととなります。
自動車の事故は、命に関わることですから、しっかりと安全運転の技術を自分自身の中に持っていなければなりません。神戸合宿免許.comでは、兵庫県にある合宿免許を行っている教習所をご紹介しています。合宿免許は、短期間で免許の取得ができ、非常に便利です。学生の方は、春休みや夏休み、冬休みの長期期間中に免許の取得が可能です。また、既に働いていらっしゃる方も、神戸合宿免許.comで紹介している教習所は、教習期間に教習所から出て、自由に行動して頂けますので、お仕事に穴を空けずに免許を取得されている方もいらっしゃいます。ぜひ、一度お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?神戸で合宿免許を取得するなら、神戸合宿免許.comでお申し込み下さいませ。
皆様からのお申し込み、お待ちしております。