認知症の人の免許取消「技能試験で判断を」

日本認知症学会などの関連学会は、3月に施行予定の改正道路交通法に関する提言を公表した。認知症と診断された75歳以上のドライバーの運転免許証を取り消すかどうかについては、診断結果に基づくものではなく、実際の技能テストなどで運転技能の専門家によって判断されるべきとの見解を示している。

 3月12日に施行される同胞では、免許証更新時の検査で「認知症の恐れがある」と判断された75歳以上の全ての運転者は意思の受診が義務付けられ、認知症と診断された場合は、免許証の停止や取消となる。